HGUC山手線ガンダム


HGUCガンダムを購入して山手線カラーに彩色

エゥーゴカラーにも見えるな

とりあえずベースだけは完成…

相変わらず塗りがうまくいかないなぁ…

青とか赤に黄緑乗せるの難しい。

 


あとはスタンプラリー終わらせて本物の山手線ガンダムを入手するだけ。

そっからデカールだけ取って今回作ったHGUCの方に張り付けて完成予定。

 

 

4コメント “HGUC山手線ガンダム”

  • 武:

    ケイさん、こんばんは。
     
    塗装、下地なしで筆塗りだったら、
    これで充分な出来じゃないでしょうか。
    自分だったらムラだらけにしてしまうと思う・・・。
     
    山手線ガンダムって、パッケージは旧キットっぽいですが、
    組み立て見本やカラー見本の写真を見る限り、
    キット自体はHGUCなんですかね?
     
    ああ、自分も早くガルバルディβを完成させんといかんな。

  • kei:

    武さん、こんばんは

    HGUCガンダム
    今回組んだのは普通に市販されているHGUCガンダムですね。
    それに山手線ガンダムの絵を参考に塗装してみました。
    白と黒と黄色は問題なく塗装できたのですが、
    胸部や足、盾のキットでは赤や青の部分、
    これに異なる色の黄緑を塗っても全然乗らず、
    塗って乾かしてまた塗ってを4回くらい繰り返してやっと色が乗りました…
    遠目だと気にならないですが、
    実物は近くで見ると結構、ゴテゴテのムラムラですね……
    写真ではボケちゃってごまかせてます…;

    スタンプラリーはまだ半分も終わってないので、まだまだこれからですね~

    で、本物のスタンプラリー景品の山手線ガンダムは可動部分が少ない旧キットらしいです。
    なのでキットはHGUCで作ってそこに景品付属のデカールを貼ろうと思ってます。

    同じことを考えてる人も多いようで、

    山手線ガンダム
    実際こちらの方の作品の出来は素晴らしいですね~

  • 武:

    ケイさん、こんにちは。
     
    ああ、確かに赤や青の濃い色の上に、明るい色は乗りにくいですね。
    サーフェイサー(溶きパテ)を吹いて下地していると、
    色が乗りやすくなるし、表面のわずかな凹凸も目立たなくしてくれるのでオススメです。
     
    リンクしている方のサイトも見てみました。
    なるほど、山手線ガンダムはFGだったのですね。
    組立・塗装の参考写真、プロポーションがいいし、
    これ中身が旧キットだったら詐欺だろ!?って思ってました。
    FGってシリーズをすっかり忘れていました。
    あれって、ガンダムとシャアザク,量産型ザクで終わったような。
    もうちっと展開しても良かったと思うんですけどね。
     

  • kei:

    サーフェイサーですか〜
    そんな便利なものがあるんですね〜
    昔はヤスリ掛けとかしてましたっけ…

    結構テキトーな感じで塗装と組み上げしちゃったのですが、
    いざ出来上がると、もうちょっと丁寧に仕上げれば良かったと後悔しますね…
    キット自体安いから、また作るってのもありかな…絵の具余っちゃってますし。
    スタンプラリーはインチキしてないので
    (インチキ…こないだ1人で10冊くらいスタンプ押してたオッさんがいましたね…、いい大人が何やってるんだよ…写真撮りたいので、とても邪魔でしたね!!)
    使えるデカールも1キット分だけですからねぇ

    そうそうFGってやつみたいです、はじめて聞きましたね…

コメントをどうぞ

*